プログラマの初心者はとにかく、どうスキル向上を目指すかを心得る必要があります。業界全体にエンジニア不足が続く中で、どの企業も限られた人員を有効利用することを考えています。そのために人材育成までは手が回らないことにより、初心者はどうしてもチェッカーなどの簡単な業界を任されることになります。そしてその状況に甘んじている人材は、いつまでもスキルの高い業務を任されないものです。

一方で時間の無い中でも自己啓発により、スキル磨きを行っている人材であれば、将来を期待されて難しい業務も任されるようになるのです。その差がつくのは、割と早い段階となります。会社側は一度期待できる人材か否かの判断を下すと、なかなか見直すことがないものです。そして少しでも優秀な人材を獲得しようと奔走することになります。そのために、早いうちに向上心の高さをアピールすることが必要となるのです。

また、スキル磨きを行う上では、どのような目標を立てるかが大事です。ゴールを見据えておくことで、何をすべきかを把握できるからです。プログラマとしての活動期間は比較的短いので、その後はプロジェクトリーダーとなるかマネジメントをするのかなどの計画が必要となるのです。そのためにはどんなスキルを身につけておくべきかを考えるようになりますし、その向上心が認められて難しい業務も回ってくるようになるのです。そして技術を身につけることで、さらに高度なスキルを必要とする業務に関わるようになります。
このように、努力や向上心が今後のエンジニア人生の全てを左右するといっても過言ではなく、その見解をこちらのサイトで紹介されています。