プログラマは縁の下の力持ちとよく言われます。ディレクタやデザイナーと違って、目に見えない裏側のロジックを作り込むのが仕事です。見えない部分だからこそこだわりを持って、クライアントや開発チーム全体の「こうしたい」「こんなことは出来ないかな?」を実際に動く形に作り上げます。プログラマに必要な知識やスキル、開発センスのような技術面での能力は個々の努力によって磨いていかなくてはいけません。技術の発達は著しく、現状に満足しているだけではすぐに付いていけなくなるのがプログラマの仕事の大変な所です。そのため日々の情報収集、新しい技術への関心、実際に自分で手を動かしてみる好奇心など、常に上を目指しより良いものを作りたいという向上心が欠かせません。

そして受け身になるだけではなく、チームに「こんな事も出来ます」「こういう手はどうでしょう」と自分から積極的に習得した新しい技術の提案ができるコミュニケーション力も必要です。またプログラムの設計を自分だけが把握しているという状況ではなくチーム全体の共有知識とするために、理解しやすい仕様書作りの能力も必要となります。一見ソースコードを書くだけの職業のように思われがちですが、こういった細やかなスキルも求められます。初心者でも現在の技術はいくらでも学べます。ですが、一度習得した技術に慢心する事なく、次のステップを目指して努力を続けていく事が、必要とされる人材である事の条件となります。